PR

【備忘録】適応障害による会社休職/手続きや必要なこと

休職するときの手続き
記事内に広告が含まれています。

私が休職や傷病手当金をもらうために行った手続きまとめました。

参考になれば幸いです。

必要なこと

まずは病院へ行き、診断書を書いてもらいましょう

まずは勇気を出して病院へ受診しに行きましょう。

予約制の病院は、事前に電話やインターネットでの予約が必要です。

予約不要の病院もあります。

診断書は医師を相談しながら「いつまで休むか」を決めます。

人によってさまざまだと思いますが、例えば1ヶ月先、2ヶ月先などです。

その期間で良くならなければ「再度診断書を書いてもらう」という流れになります。

私に体験をまとめた記事も参考にしてみてください。

診断書をもらった後の流れ

病院で診断書をもらった後、こんな流れで休業に入りました⬇️

  1. 直属の上司に電話で連絡した。(「相談がある」程度で伝え、会う約束を取り付た)
  2. 会社に出向いた。
  3. 会社の保健師を交え3人で話した。
  4. 保健師に診断書を渡した。
  5. 保健師から傷病手当金申請書などの書き方と用紙をもらった
  6. 帰宅〜休業開始

会社の保健師さんからもらったものはこちら⬇️

  • 健康保険加入調査票
  • ↑の調査同意書
  • 傷病手当金請求書(別紙あり:医師記入欄と事業主記入欄がある用紙)

具体例(私の場合)

  • 4月12日初診 ➡️ 適応障害で4月12日〜5月10日まで休職する旨の診断書もらう
  • 上司に連絡し会社に出向いて提出 ➡️ そのまま休職で自宅療養
  • 5月10日2回目の診察(←執筆時点ココ) ➡️ 引き続き休職で6月28日までの診断書もらう
  • 4月分の医師記入欄について記入をお願いする(受付で)
  • 次回診察は6月28日に決定
  • 会社の保健師に引き続き休職する旨伝える(ショートメッセージで)
  • 診断書は後日郵送すると連絡。

【後日(再受診時)病院からもらうもの】

基本的に最低でも月に1回は受診が必要です。

(加入している健康保険組合によっては「月に数回受診しないこともある」とのこと。)

受診時、治っていなければ(診断書の期日の場合)再度診断書を書いてもらい、休業を延長します。

また、病院の受付などで傷病手当金の医師記入用の用紙を渡し、後日(次の受診時など)受け取れるようにしましょう。

なお、私の通う病院では記入してもらうためには300円かかります。

・診断書(休業延長する場合)

・医師欄記入後の傷病手当金請求書の別紙(自分で受付に出し、後日(記載には数日〜数週間かかる)受け取る)

以上、私に経験してきたことを綴ってみました。

補足があれば今後も記事を更新していきます。

それでは、みなさんお大事に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました